◆叶いました報告◆引き寄せの法則

引き寄せの法則を改めて開始をして5ヶ月が経過しました。
このブログを開始した当初より、私は幸せです。

引き寄せの法則で実現したこと

1,お金に困ることはなくなり、収入は増加しています。
2,好きな人ができ、両想いになりました。
3,人間関係に悩まなくなりました。
4,人に恵まれ、感謝をする機会が増えました。
5,毎日穏やかに楽しく過ごしています。

5ヶ月でメンタル面や外界的部分も自分の内面にも変化が現れ始め、毎日が充実しています。
5ヶ月前がもう去年のことのように遠い過去のことに思えます。
ビジネスパートナーに恵まれ昇進し、好きな人ができ、そんな環境や周囲に感謝をしています。

実現するためにしたこと

引き寄せの法則を開始し、変わった部分やしたことは断言法や感謝をノートに書くなどです。
今思い返せば自分磨きをしたり、仕事に打ち込んだりを特に意識をすることなく無意識にしていました。
この「無意識にしていた」のが引き寄せの法則だと思っています。
そうなりたいと強く願うと自分が自動的にそうなるように動き始めるのです。
また特に自分が動かず努力をしなくとも、実現した部分もあります。
悩ましい人間関係が自動的に疎遠になり、悩まなくなりました。
初めは週に5日悩んでいたのが、週に3日になり2日になりと減っていき、ついには悩む日がなくなったのです。

自分磨きも最初は新しい服を買うや、メイクを少し変えるなどの小さなことでしたが、そのうちに外出してみたくなったり、楽しいと感じるようになりました。
過去の私は人と関わることは面倒なことと考えていましたが、面倒な人もいればそうではない人もいることに気づきました。自分と同じ思考の人に多く出会うようになり、楽しい時間が増えてきました。

気づいたこと

引き寄せの法則をして気づいたことは、自分の願望や欲しいものはいつもすぐ側に存在していた。ということです。
自分の思考の癖や、視野の狭さから気づいていないだけで、欲しいものはいつもすぐ側にありいつでもすぐに手に入るということです。
自分の周波数を変えるとすぐに手に入るのです。

例えば高級な料理を食べたいという願望を抱いていたとします。
その願望は誰かが連れて行ってくれるかもしれないし、自分の収入があがり自分で行くかもしれません。くじやビンゴや懸賞で当選するのかもしれません。願望を手にいれるための方法はわからずとも、願望はいつもすぐ側にいくつかの方法で存在しています。
引き寄せの法則では願望を過去形や現在形で書いたり言うことを推奨しています。
この理由は「高級な料理を食べたい。」では、いつまで経っても「食べたい。」なのです。。
しかし「高級な料理を食べる。」では、その願望が潜在意識へ入りある一定水準を超したときに自分が自動的に行動に移しているのです。

いずれも自分の周波数に変化があったときに何らかの願望が実現することでしょう。
そして周波数に変化があると、過去のことはどうでもよくなります。
執着していた元カレもどうでもよくなりましたし、結果素敵な人に出会うことができました。
きっと元カレにまだ未練がある自分であれば、今の素敵な人に出会うことはできなかったでしょう。
素敵な人はそこに存在していて、自分が気づけないだけです。
これが周波数が変わることにより、願望はいつもすぐ側にあったことに気づくことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です