責任逃れする人と出会ったらチャンス

あなたの周りに責任逃れをする人はいませんか?
家庭を持ちながらも家庭はそっちのけで遊んでばかりいる夫や、自分のことを棚にあげて部下に責任を押し付ける上司など。
そういう人が周りにいると、正当性を主張したところで相手は聴く耳を持っていませんし、とにかく疲れます。
正当性は相手を変えたいという自分の願望であり、相手が変わることはまずあり得ません。
その時に何故自分ばかりが苦労をして、大変な思いをしなければならないのか?と思いますよね。
しかし相手がそういう人物だとわかった時に、それでは自分には何ができるだろうか?ということを考えれば、きっと事態は好転するはずです。

私自身、自分の過去を振り返る機会に恵まれました。
私の悩みは人間関係がいつもうまくいかないことでした。
皆、各々に主張を持っていて、皆違った人間なのは理解しています。
しかし何故、正しい考えすなわち正論を主張しているのにも関わらず、自分が折れなければならないのか?
ということに長年悩んでいました。
しかしこれって、ただ単に自分がラクしたい、嫌われたくない、自分の都合なのだということに気がつきました。
相手は自分の期待に応えてくれるロボットではありませんから、依存的な思考になってしまっていたのです。

例えば仕事をしない上司や部下がいたとして。
何故やらないのか?と責めると、口ごもったり反抗的な態度に出たり、更にムカつくことに発展するでしょう。
しかし目標は「仕事をこなす」ことなのですから、その目標を達成するためにその上司や部下に自分ができることはないのだろうか?
ということを考え始めると、心もラクになりますし事態も変わるはずです。

その人が変わることを期待したりするのは間違いで、自分に今できることはなんだろうか?
ということに視点を変えると、自分にも自信を持つことができ、益々成長した自分に出会えることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です